スラウェシ・ランテマリオG1

スラウェシ島南部カラシリ地区でつくられた大粒のコーヒーです。
ランテマリオ農業グループに所属するドュリ族がつくってくれていて
現地で3度のハンドピック(検品作業)をしています。

高品質なコーヒーを生産した結果、ドュリ族は2015年には10棟の家を建てることができました。
彼らにとっては何よりも嬉しいことです。
コーヒーによる収入のお陰で、彼らの暮らしは少しずつ改善され、幸せな生活を送れるようになりました。

柑橘系の明るい印象の酸と、しっかりとした風味、クリーミーな口当たり、甘さを感じられます。
ジターヌの中煎りコーヒーに、期間限定の素晴らしいコーヒーのご提案です。

栽培地:スラウェシ島南部エンレカンラティモジョン山系カラシリ地区
標高:1,350m〜2,000m(斜面の多い山岳地帯)
品種:ティピカ他
生産者:ランテマリオ農業グループ
生産処理:水洗方式
焙煎度:中煎り

数量限定での販売です。

 
100gパック
200gパック
購入数
Soldout